シャインマスカットの食べごろは?保存方法についても解説!

シャインマスカットの食べごろは?保存方法についても解説!

ぶどうの女王「シャインマスカット」、ここ数年ぶどうの中でも高い人気を誇っています。

皮ごと食べられて種もないぶどうのため、人気があるのもうなづけます。

そんな大人気のシャインマスカットですが、

  • シャインマスカットの食べごろはいつ?
  • 保存方法を知りたい

といった方は多いと思います。

この記事では、シャインマスカットの食べごろや、保存方法について解説していきます!

 

シャインマスカットの食べごろは?

マスカット

そもそも、シャインマスカットの旬はいつなのでしょうか?
シャインマスカットの旬な時期は、8~9月と言われております。つまり、食べごろとなる時期もその旬な時期とかぶっています。

では、その旬な時期でもいつが食べごろなのでしょうか?
シャインマスカットに限らずぶどう全般は、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェルノールは強い抗酸化物質を持つ物質で、体の老化やサビを予防してくれる効果があります。アンチエイジング効果も高いため、肌の老化が気になる方は積極的に取りたい栄養素です。

このポリフェノールは、空気に触れると酸化してしまうという性質を持っています。そのため、なるべく新鮮なうちに食べ切ってしまったほうが良いです。

つまり、食べごろとは収穫してすぐです!できるだけ早いうちに食べましょう。

「野の香ぶどう園」では、直販ECサイトにてシャインマスカットの予約販売を行っております。旬の時期にシャインマスカットを食べたい、贈り物として用意しておきたいといった方は、予約注文していただけると幸いです。

 

シャインマスカットの保存方法は?

保存方法

房のまま保存する場合は、実に負担がかからないように1房ずつポリ袋に入れて乾燥を防ぎ、野菜室で保存します。水につけると傷みやすくなってしまうので、食べる直前に洗うようにしましょう。

より長く保存したい場合は、一粒ずつハサミでカットし、ジップロックや密閉容器に入れて野菜室で保存します。
この時実を房から引きちぎってしまうと枝のついていた部分に穴があき、果汁がでて傷むのを早めてしまいますので、気をつけましょう。

 

すぐに食べきれない場合は冷凍保存しよう

すぐに食べない場合は、長時間冷蔵保存するよりも、冷凍保存をおすすめします。
冷凍することで細胞壁が破壊され、ポリフェノールが体内に吸収されやすくなるというデータも報告されています。

「野の香」で収穫したぶどうも独自の冷凍保存技術で美味しさをそのまま保存しています。そのため、冬の時期でもおいしいシャインマスカットを提供することができます。

 

まとめ

今回は、シャインマスカットの食べごろや保存方法について紹介しました!ぜひ、食べごろのシャインマスカットをおいしくいただきましょう!


予約注文はこちらから