シャインマスカットのカロリーは低い?糖質や栄養について解説!

カロリー

みなさん、シャインマスカットは食べたことがありますか?

ここ数年ぶどうの中でも高い人気を誇るシャインマスカットですが、

  • シャインマスカットのカロリーが気になる
  • シャインマスカットの糖質は?
  • シャインマスカットの栄養について知りたい

と思っている方は多いと思います。


この記事では、シャインマスカットのカロリーや糖質、栄養についてぶどう農家が解説していきます!


シャインマスカットのカロリーは低い?

女性の方などが1番気になるのは、やはりカロリーですよね。シャインマスカットのカロリーはどのくらいなのでしょうか?

シャインマスカットのだいたいのカロリーと糖質を表にまとめてみました。


カロリー

糖質

100g

64kcal

16g

1粒(約15g)

9.6kcal

2.4g

1房(約600g)

384kcal

96g


シャインマスカットは、一つひとつの粒の大きさが大きいため、一粒あたりのカロリーはどうしても高くなっている印象です。

1房丸々食べてしまうと、1日のに必要なカロリーの1/6以上になります。

甘くて美味しいシャインマスカットですが、ひとりで一房食べてしまうのは、やめたほうが良さそうです。家族で分けて食べるのがおすすめです!


シャインマスカットの栄養成分は?

栄養

シャインマスカットに含まれる栄養素について簡単に見ていきましょう!


ブドウ糖

シャインマスカットに含まれるブドウ糖は、脳のエネルギー源となる栄養素です。吸収が良いため、すぐにエネルギーになって脳や筋肉に供給されるので、瞬間的なエネルギー源としてちょどいい栄養素です。ダイエット中の取りすぎには注意しましょう!


ポリフェノール

シャインマスカットには、ポリフェノールが豊富に含まれます。ポリフェルノールは強い抗酸化物質を持つ物質で、体の老化やサビを予防してくれる効果があります。アンチエイジング効果も高いため、肌の老化が気になる方は積極的に取りたい栄養素です。


ビタミンB1

シャインマスカットには、ビタミンB1も含まれています。ビタミンB1は体内で糖質がエネルギーに変換されるのを助けてくれます。そのため、疲労回復に効果が期待できます。糖質を多く摂る人や、よく運動をする人は特に不足しないように注意が必要です。


ビタミンB6

ビタミンB6もまた、シャインマスカットに含まれるビタミンの一種です。ビタミンB6は、タンパク質と脂質からエネルギーを作り出す時のサポート役として働きます。また、皮膚や粘膜を正常に保つのに必要不可欠な栄養素でもあり、神経機能を正常に保ち、イライラやうつの改善にも効果があると言われています。


レスベラトロール

レスベラトールとは、シャインマスカットの皮に含まれるポリフェノールの一種です。ポリフェノールはシャインマスカットの果肉にも含まれていますが、レスベラトロールはさらに強い抗酸化作用も持っています。肌の細胞の酸化を防ぎ、肌の状態を整えてくれます。女性の方には嬉しい効果ですね!


まとめ

女性の方は特に気になるシャインマスカットのカロリーや糖質、栄養素について解説してみました。


野の香ぶどう園でも、シャインマスカットの販売を行なっています。直販ECサイトでのご購入でリーズナブルにお買い求めいただくことができます。

「野の香」のシャインマスカットは、2020年は直販ECサイトをオープンしてからわずか1週間で売り切れてしまいましたので、旬の時期に食べたいと思っても売り切れてしまっていることが予想されます。

野の香ぶどう園では、直販ECサイトにて巨峰・シャインマスカットの予約販売も行っております。旬の時期にシャインマスカットを食べたい、贈り物として用意しておきたいといった方は、予約注文していただけると幸いです。


予約注文はこちらから