シャインマスカットとは?旬の時期や・保存方法について解説!

シャインマスカットとは?旬の時期や・保存方法について解説!

みなさん、シャインマスカットは食べたことがありますか?ここ数年ぶどうの中でも高い人気を誇るシャインマスカットですが、あまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

  • シャインマスカットって聞くけど、どんなぶどうなのか知らない
  • シャインマスカットの旬の時期はいつ?
  • 普通のぶどうと保存方法は違うの?

といった疑問をもつ方に向けて、シャインマスカットについて紹介していきます!


シャインマスカットとは?

シャインマスカットとは、どのようにしてできたぶどうなのでしょうか?

シャインマスカットは、「安芸津(あきつ)21号」と「白南(はくなん)」を掛け合わせて作られた黄緑色の大粒ぶどう品種です。独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所が開発し、2006年に品種改良されました。

病気に強いアメリカブドウと大粒で品質はいいが病気に弱いヨーロッパブドウを掛け合わせることで、「作りやすく大粒で美味しい」ブドウ品種です。


シャインマスカットの産地と旬な時期

シャインマスカットは、長野県・山梨県・岡山県・山形県を中心に作られており、温室栽培のものは全国的に7月ごろ、ハウスや露地ものは8月中旬から9月下旬にかけて多く出回ります。


旬のシャインマスカットは、味や香りが一段と濃くなります。

私たちが運営する野の香ぶどう園でもシャインマスカットを栽培していますが、出荷は9月上旬頃です。直販ECサイトでの販売やふるさと納税への提供も行っています。


シャインマスカットの保存方法について

シャインマスカットの保存方法は、普通のぶどうとどう違うのでしょうか?


房のまま保存する場合

房のまま保存する場合は、実に負担がかからないように1房ずつポリ袋に入れて乾燥を防ぎ、野菜室で保存します。水につけると傷みやすくなってしまうので、食べる直前に洗うようにしましょう。


長期間保存したい場合

より長く保存したい場合は、一粒ずつハサミでカットし、ジップロックや密閉容器に入れて野菜室で保存します。

このとき実を房から引きちぎってしまうと枝のついていた部分に穴があき、果汁がでて傷むのを早めてしまいますので、気をつけましょう。


さらに長期間保存したい場合は、冷凍して保存しましょう。


ぶどう農園「野の香」のシャインマスカットは独自の冷蔵保存技術で美味しさをそのまま保存しています。そのため、冬の時期でもおいしいシャインマスカットを提供することができます。


まとめ

シャインマスカットの成り立ちや旬な時期、産地について解説してみました!

シャインマスカットの旬は9月ごろになります。


「野の香」のシャインマスカットは、2020年に直販ECサイトをオープンしてからわずか1週間で売り切れてしまいましたので、旬の時期に食べたいと思っても売り切れてしまっていることが予想されます。

野の香ぶどう園では、直販ECサイトにて巨峰・シャインマスカットの予約販売も行っております。旬の時期にシャインマスカットを食べたい、贈り物として用意しておきたいといった方は、予約注文していただけると幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


予約注文はこちらから