巨峰の皮は栄養満点?皮ごと食べるメリットについて解説!

巨峰の皮は栄養満点?皮ごと食べるメリットについて解説!
ぶどうの王様とも言われる「巨峰」、皮を剥いて食べるのが一般的な食べ方ですよね。ですが、皮を剥くのって少し面倒ですよね。
  • 巨峰は皮ごと食べられるのか知りたい
  • 巨峰の皮に含まれる栄養について知りたい

そういったことを考える方も多いかと思います。
この記事では、巨峰は皮ごと食べられるのか、巨峰の皮に含まれる栄養素について解説していきます!

巨峰は皮ごと食べられる?
そもそも巨峰は皮ごと食べられるのでしょうか?

答えはイエスです。

巨峰は皮ごと食べてしまっても問題ありません。

農薬を心配される方もいますが、一般的にぶどうは皮ができる前にしか農薬を使いません。皮ができてからも袋を被せて農薬や害虫から守るため、農薬の心配は入りません。

 

巨峰の皮は栄養満点?

巨峰の皮

皮ごと食べていいのはわかりましたが、皮ごと食べるメリットはあるのでしょうか?

実は、巨峰の皮にはポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールは、強い抗酸化物質を持つ物質で、体の老化やサビを予防してくれる効果があります。アンチエイジング効果も高いため、肌の老化が気になる方は積極的に取りたい栄養素です。
女性の方なんかは、嬉しい効果ではないでしょうか?

そのほかにも、視力回復効果・血圧の抑制・肝機能の向上にも効果があると言われています。

 

皮ごと美味しく食べるには

皮ごと食べるにしてもやっぱり美味しく栄養価が高い状態で食べたいですよね。

美味しく食べるコツは、「新鮮なうちに食べること」です。
ポリフェノールは、空気に触れると酸化してしまうという性質を持っています。そのため、なるべく新鮮なうちに食べ切ってしまうことをおすすめします。

「野の香ぶどう園」の直販サイトでは、予約販売も行っています。そのため、巨峰が旬な時期に収穫したぶどうをすぐ配送しています。とても美味しい栄養満点なぶどうをお買い求めいただけます。

 

すぐに食べない場合は冷凍保存しよう

冷凍保存

すぐに食べない場合は、長時間冷蔵保存するよりも、冷凍保存をおすすめします。
冷凍することで細胞壁が破壊され、ポリフェノールが体内に吸収されやすくなるというデータも報告されています。

「野の香」で収穫したぶどうは独自の冷蔵保存技術で美味しさをそのまま保存しています。そのため、冬の時期でもおいしいシャインマスカットを提供することができます。

 

まとめ

今回は、巨峰の皮に含まれる栄養について解説してみました。
皮ごと食べることでたくさんのポリフェノールを摂取することができます。これまで皮を剥いて食べていた方も、皮ごと食べてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。


予約注文はこちらから